デリケートゾーン におい 正常

そもそも、正常な臭いってどんなにおい?

ワキの臭いが気になる人って、自分や他人のワキの臭いを気にしているから気になるものであって、気にしていない人はまったく気にかけてもいません。
では、どんなにおいがワキの正常なにおいなのでしょうか。
そもそも、におい自体はワキガでない人でもあるのでしょうか。

 

基本的には誰でも汗はかきます。
むしろ、かかないのは何か体に異変が起こっている危険信号かもしれません。
その汗の量や、雑菌の繁殖、またアポクリン汗腺の多さにより、臭いがキツイ人とあまり臭いがしない人がいるのですが、全くの無臭の人はほぼいないに等しいでしょう。
汗自体は無臭でも、放っておくことで雑菌と混ざりあって臭いを発します。
たとえば洋服に菌がいる場合は、その雑菌が汗をかくことにより繁殖して臭いを発するのです。
しかし、綺麗好きの人、神経質の人で汗をかいたらすぐに拭く習慣が身についている人ならば、ワキのにおいはほぼ感じないでしょう。

 

 

ワキのにおいの話をしていて、思い出したのですが、最近の洗濯洗剤や柔軟剤は香りが続くと謳っていたりして、結構きつめのにおいがするものが増えています。
においには好みがありますので、あまり強すぎるにおいの柔軟剤を使用している人からハンカチを借りことで、具合が悪くなったことがありました。
私には、どうも海外製の柔軟剤の香りは合わないようで、あのにおいを嗅ぐと頭が痛くなってきます。
においって、本当に人により好き嫌いがあるのだな〜と感じました。

 

しかし、「ワキガの臭いが好き」という人はほとんどいないと思います。
「汗の臭いが好き」という人は、いるかもしれませんが、おそらく、「好きな人の汗の臭い」に限定されるのではないでしょうか。
「ワキガの臭いが好き」という人は、かなり貴重でしょうね。

 

ワキガやスソガでない人でも汗はかきますし、雑菌を繁殖させることも同じですが、やはり清潔に保つ人は、ほとんどにおいを発しません。
また、臭いはストレスとも関係があるとお話しましたように、ストレスを抱えていない人は、汗もサラサラなので臭くなりにくいのです。
一方で、ストレスや疲労が溜まっていると、肝臓のアンモニアを解毒する力が弱まり、汗にアンモニアが混ざる量が増えてしまい、臭いも強くなってしまうのです。
こういった方たちの汗はドロドロで余分な老廃物を溜めこんだ汗なので、余計に臭いを発しやすくなりますので、ご注意を。

 

ワキも、デリケートゾーンも、汗をかいて放っておけば誰でも多少は臭うということなのです。
ただ、いかにその部位を清潔にしているか、また相性の悪い柔軟剤などをしようしていないか、サラサラの汗をかいているか、こういったことにより、臭いがキツクなってしまうということを覚えておきましょう。